2011年10月30日

サムスン電子、日本とオーストラリアでiPhone4Sの販売禁止を求める。


サムスン電子は日本の東京地裁と

オーストラリアのニューサウスウェルズ裁判所で

アップルの新機種「iPhone4S」の販売禁止を

求める仮処分を申請した。



もうすでに4月以降、約10か国で係争を重ね、

ドイツなどではサムスン製品の一部が販売、

差し止めに追い込まれた。


何がダメなの?

気になるところです。
豪では、
通信に関する3件、

日本では、
画面表示関連3件などで

特許を侵害したと主張する。

ただ通常早くても半年、通常1年ぐらいかかる。


以前は夕食を共にするほどジョブズ氏と

親しかったサムスン電子のイ・ジェヨン社長。

現在は係争は泥沼化している。


ジョブズ氏の追悼ムードも残るアップルと

正面から戦って、消費者の反感を招かないかが心配です。


乱文お読みいただきありがとうございます。
ぜひまたお立ち寄りくださいね。


posted by nono at 14:02| Comment(0) | コンピュータ・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。