2011年10月29日

パナソニック 中村会長の話


「いかに立派な経営理念があっても、
  十年一日のやり方では
      成長できない。 」

特に東日本大震災や原発事故の影響で

「日本は全く違う国になった」という

強い危機感がある。


そして、経営改革の必要性を強調。

そのうえで「方針はその時々にふさわしく、
日々新たなものでなくてはならない。

日本企業は脱皮すべきで、この1、2年が

勝負のときだ」と言われています。


今日も勉強になりました。感謝。。。<(_ _)>

乱文お読みいただきありがとうございます。
ぜひまたお立ち寄りくださいね。


ラベル:パナソニック
posted by nono at 17:48| Comment(0) | 企業情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。